スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.02.08 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

とりあえず、4種類のカードを使えるようにしてみた

 まだ未公開の状態ですが、課題であったカードに対応

とりあえず4種類のカードだけですが、次のようなカードが使えます

 ・1つもどすカード(他のチームを1駅戻す)
 ・刀狩りカード(他のチームのカードを1枚奪う)
 ・平のまさカード(全てのチームの金額を均一にする)
 ・リターンカード(分岐駅にいるときに使うと本線にリターンできる)

このカードは、どこの駅でも買える訳ではなく、決まった駅でのみ購入が可能
駅に到着すると、ひっそりとメニューにカード購入のリンクが登場します

カードには発行枚数があり、決まった枚数だけしか販売していません
誰かがカードを使うと、そのカードは再度ショップで販売されて、参加者が誰でも購入できます

カードの販売駅でカードを使って、またカードを買う。などのうまい使い方もあるかもしれませんね。
お金が続く限り先頭のチームをスタート駅まで1駅づつ戻す。なんて事もできるでしょう(これをすると、ゲームとして面白いかは微妙になりますけどね)

とりあず、これらのカードを使って、テストプレイをしてみて、色々と煮詰めて行きたいと思います!



今後の課題

これからの課題。

1 ) カードを買ったり、使ったり出来るようにする
 桃鉄にあるようなカードの仕組みを導入する
 ・1つもどるカード(他のチームを1駅戻す)
 ・サミットカード(他のチームを自分の駅によびよせる)
   乱用されるとグチャグチャで面白くなくなるので、このカードはヤメ。
 ・刀狩りカード(他のチームのカードを1枚奪う)
 ・平のまさカード(全てのチームの金額を均一にする)
 ・リターンカード(分岐駅にいるときに使うと本線にリターンできる)

 ※カードには発行枚数があり、きまった数しか売り出されない
 ※カードを使うと、そのカードはショップで再販売される
 ※カードはショップで購入できる
 ※ショップのある駅は、あらかじめ数駅だけ決める
 ※カード購入はゲーム内のお金(ゲームマネー)を使う

2)食事やイベントで支払ったお金に見合ったゲームマネーを発行する

3)クイズ形式のイベントを作る
 3択問題のクイズ形式のイベントが出来るようにする

4)ゲーム地図を作る

5)参加者を識別するバッヂやTシャツなどのアイテムを考える

6)参加者に子供がいる場合、イベントに「子供だったら・・・」の配慮を入れる

7)写真をアップロードできるようにする
 (後日、PCからアップロードすると、ゲームのログ、twitterログと併せてみれるようにする)

などなど。。。

いつ頃作業できるか不明ですが、少しづつ作って行きます!
 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ロゴマーク
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.

無料ブログ作成サービス JUGEM